順位

« 第2節 ジュビロ磐田vs浦和レッズ | トップページ | 第4節 ジュビロ磐田vsアルビレックス新潟 »

2006年3月18日 (土)

第3節 ジュビロ磐田vs京都パープルサンガ

ヤマハスタジアムの開幕戦なので、オークションでバックスタンド指定席を手に入れてスタジアム観戦した。雨でずぶぬれになり、終了間際の同点で心もからだもずぶぬれになった。立ち直れない。
前節の4バックを継続して、スターティングメンバーはGK川口、DF鈴木、菊池、金、服部、MF西、村井、ボランチ福西、ファブリシオ、トップ下名波、FWカレンと前節から福西が復帰し、田中がスタメンからはずれた。菊池のDFも気になるところ。
前半は特に大きなピンチもなく、何本かシュートを打たれたが正面ばかりでほぼボールをジュビロが支配した。雨でピッチが滑るのだが、それでもワンタッチでボールをつないで中盤はほぼ支配した。カレンのシュートが惜しいところにあったくらいで、あとはことごとく枠に行かない。0−0で前半終了。
後半もメンバーチェンジなしで続行。攻める場面が多くなったが、なかなかシュートが決まらない。惜しいシュートが結構あった。そんな中後半10分に待望の先制点が入った。村井のセンターリングに大外にいた西がボレーで合わせてきれいに決まる。このあと結構チャンスがあったが決めきれずに終盤に。選手交代は西に代えて藤井を右MFで投入。(これはよくわからなかった。なぜ太田ではなく藤井だったのか。実際に右サイドでは機能していなかった。)福西に代えて船谷。最後に名波に代えて成岡。MF陣を代えたのだが、福西に交代が痛かった。福西自身も故障を抱えていたようだが、福西がいなくなって中盤から前でためが出来なくなってしまった。結果論だが茶野を入れて菊池をボランチにした方が高さもあってよかったのではないか。最終版に京都の5本の連続コーナーキックがあり、危ないところを切り抜けて、ロスタイムを守りきれば勝てたのだが、最後に相手FWが二人残っていたところに放り込まれてボールがちょうどFWの前に行って、川口も一歩も動けず同点に。あと1分と勝てた試合だったが。
しかし勝てない。そもそもいまのジュビロで4−5−1の布陣は妥当なのか。たしかに昨年までの3バックはサイドを簡単に破られる場面が多くて怖かった。それを考えると4バックはいいかもしれない。服部のサイドを結構破られるのが気になるが、村井もカバーするので何とかなっている。茶野はなぜ出てこないのかよくわからない。服部より茶野の方がサイドは合っているのではないか。あと、ワントップのFWだがカレンではやっぱり厳しい。なぜ4−4−2ではないのか。名波のトップ下に期待するのもわかるが、最も動けた時期に比べれば半分くらいの能力しかないのではないか。キックも強さを感じないし。いまの4−5−1では真ん中が薄くなってサイドから放り込んでもシュートまで行かない。カレンの動きがワントップに合っていない。ワントップのFWはもっと違うと思う。
第3節で判断してもしかたがないが、今年はいつ勝てるの?
次節川崎戦もホームなんだが、観戦はどうしよう。今日みたいに雨の中1万人も入ってくれたのに、がっかりさせられる試合じゃあ行く気がしないなぁ。

« 第2節 ジュビロ磐田vs浦和レッズ | トップページ | 第4節 ジュビロ磐田vsアルビレックス新潟 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6555/1081516

この記事へのトラックバック一覧です: 第3節 ジュビロ磐田vs京都パープルサンガ:

« 第2節 ジュビロ磐田vs浦和レッズ | トップページ | 第4節 ジュビロ磐田vsアルビレックス新潟 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ